プレゼン・講師力

俺の話は信じないでください。

まいどー!

メンタルバサラのたけぽよちゃんデッス!

 

お元気ですか^^?

 

さて。

こんなこと、あんなこと

できたらいいな〜と

ドラえもんの歌みたいに

妄想してると

 

 

 

やっぱり

見えてくるものがあってね。

 

 

今日はその辺を

シェアするね

 

 

俺、講師として

人前に立ってから

6年くらいになるのね?

 

 

自分なりに探究してきて

「心のつかむ話し方」と

「心に響かない話し方」が

 

あるよなーって

見えてきてんのよな。

 

話し方の違いには

たくさんの要素があって

一言では語りきれへんから

 

詳しくはまた

メルマガにでも

書いていこうと思う^^

 

 

もちろん、

セミナーなど開催しない人でも

大事な基礎の部分で言えば

 

“コミュニケーション”が肝やから

読んでても実生活に活かせると思う☆

 

 

んで。

 

心をつかむ話し方

伝え方ってのは

最初(冒頭)が肝心なのよね

 

 

ここで大事なのが

伝える側が主役じゃないってこと

 

 

セミナーなどを開いてる

開く人は意識するといいよ^^

 

 

大事やからもう一回言うと

伝える側が主役じゃない

 

 

講師の役目は

受講する側の人を

 

自らが主役なんだ!

と自覚させること

 

 

これ、めっちゃ大事なんよな。

 

もちろん個人での

セッションでも同じことが

言えるんやけど

 

 

伝える側が

主役気取りで進めたら

完全にただの自己満で終わる。

 

 

だから最初(冒頭)が肝心。

 

 

受講者が、

このセミナー(セッション)は

 

・自分にとって大切な時間だ。

・この時間を自分のために使うぞ

 

と、決意できることがないと

 

 

ただ聞いて終わって、

「いい話聞けたなー。」

で終わるから。

 

 

そういうことがやりたくて

セミナー、セッションを

提供したいんじゃないと思うねん。

 

 

お金もらって時間もらって

相手に何を受け取ってもらうか?

 

受けとったものを

相手が生かしきれるか?

 

そういうのめっちゃ

大事にしたいやん?

 

 

だから工夫したいんよ。

相手が主役になれる工夫をね。

 

 

心がつかめる話に変わるのも

 

相手が「自分にとって必要だ!」

 

というスタンスを

冒頭で作る必要がある。

 

 

もちろん決意して

参加されてる方もおると

思うけど

 

全員を

自分のために受ける

というスタートラインに

立たせると

 

 

場の空気も一気に変わる。

 

 

参加者を

ただの聴衆、

傍観者にさせないこと。

 

 

相手を主役のステージに

おしあげることで

 

 

能動的、主体的に学ぶ姿勢

相手に決意させることができる。

 

 

そうすれば

終わった後も

相手は決意のもと行動に移せて

その後かなり飛躍する☆

 

本人がそうなったら

本人の頑張りが

素晴らしかっただけやけど

 

 

でも、のちに

おかげさまって感謝を

いただくことがあるよ^^

 

 

それって嬉しいよね☆

 

 

まだまだ俺自身、

探究中で

100%そうなる!

とは言えないから

ここは成長しがいがある所やけど^^

 

 

まぁ、そんな感じで

普段、やってるんやけどね?

 

 

で、何が言いたいかって

その冒頭の部分。

 

これは

講師にとっても大事やし

受講側に立った時

 

むしろ人生全体にも

影響する考えやと思うから

 

 

よかったら受け取ってな^^

 

 

俺ね。

セミナー(セッション)の時

必ず、伝えてる言葉があるんよ。

 

 

それが

 

 

 

「俺の話を信じないでください」

「俺の話は真実でもなんでもありません」

 

って。

 

じゃあお前は

なんのために、伝えんのよ

って話かもしれんけどw

 

 

こう言うて

俺の話が正解ではないし

真実ではないから、

違っても文句は言わないでね?

クレーム出さないでね?

 

なんていう保身話ではなく。

 

 

この後に伝える

もう一つの言葉が

 

相手を主役にする

言葉として生きてくるんよ。

 

 

実際のぽよちゃんの例

「今日のセミナーで

 伝える俺の話は、

 信じないでください。

 

 俺の話は真実でも

 なんでもありません

 

じゃあなんで話すかって言うと

あなたに人生の舵取りを

 自分でしてほしいから。

 

俺の話が全てだ!

この人の話をきけば間違いない!

そんな狂信的、盲信的になると

依存となり、

 

どんな決断も

 ”俺”抜きで考えられなく

 なるからです。

 

 

それは絶対にしちゃいけない。

 

あなたの人生は

あなたが舵を握っている

 

だから

あなたを動かす

 ”操縦桿”に

 

他の誰かを座らせちゃいけない

 握らせちゃいけないんです。

 

 

その誰かとは

 

時に、お金、時間。

 決断、意図、行動。

 友人、先輩、上司。

 師匠、後輩、メンター

 

など、様々なものが入る。

 

 

本当は心の奥で

やりたいのに、お金がなぁ

 

って言うてる人は

自分の操縦桿をお金に握らせてる

 

セミナーなどで言えば

自分で考える、決断する

を、放棄して

 

たけぽよちゃんが言ったから

という俺を操縦桿に座らせて

物事を判断するという人生を

選ぶことになる。

 

そうなった瞬間。

自分の人生に責任を持たない

 

という自分を作ることになる。

だからこそ

今一度、今日の時間が

なんのためにあるのか?

 

自分に問うてみてください。

お金や時間を

使ってるかもしれない

 

でも、それをしたのは

なんのため?

 

 

いい話を聞きたかったから!

じゃないはず

人生を変えたい

 今より、よりよくしたい。

 現状を変えたい!

 

と、何かしらを

思ったからこそ

ここにいるかもしれませんよね。

今日の僕の話をきっかけに

してもらいながら

自分の思いを

改めて自覚してみてくださいね。

あなたは今、あなたの操縦桿を

 あなた自身で握ってますか?

 

 

的なね。

一語一句同じとは言わないけど

 

 

こんなニュアンスで

冒頭伝えてんねんな^^

 

 

セミナーやセッション

するときは是非、

相手を主役に立たせるための

一言や準備を用意してみてね^^

 

 

そして、

セミナーやセッションに限らず

 

あなたは普段から、

 

どんな時も自分で自分の操縦桿を

舵取りしてるやろか??

 

 

おそらくほとんどの人が

俺を含めて

 

 

何かしらを

座らせてしまう

にぎらせてしまうことを

 

やってるよ。

 

 

だから気づくこと。

 

 

あ!また握らせちまった!って。

 

 

気づいて

自分がしっかり握ること。

 

 

いかにその時間を長くできるか?

それが自分らしく生きるということ。

 

 

 

そして、

これが俺のいつも言ってる

 

中庸であり、克己心やで。

 

ど真ん中で生きるってことやで。

 

 

人生おもしろおかしく生きてこーぜ!

 

ほなまた!

たけぽよちゃん☆

 

ここまで読んでよかったーって方!
ぜひコメントしてね!
シェアも大歓迎ッス♪

メルマガも登録してなっ!

人生の質を高める
メルマガだけの限定情報もお届け中!

▽メルマガを登録する▽

※画像をクリックしてください

▼フォローしてなっ♪▼
Facebook個人アカウント
(面識のある方のみ、申請受け付けてます。)