伝えたい自分の思い

自分の道は、自分で切り拓く

おいっっっす!

メンタルバサラのたけぽよちゃんデッス!

 

 

今日は昨日ちょろっと

書いてた呪いのことに触れてみようか。

 

 

昨今、様々な本が出版されていて

世界で、1日に平均200冊ほど

世に出てるらしい。

 

すごい数よね笑

 

で、本屋さん行ったり

ネットでよく注文する人は

感じてるかもしれんけど

 

 

いわゆる“ノウハウ本”

最近は、かなり多いなぁと感じるわけです。

 

 

それが悪いのでもないし

とても良い情報だったりももちろんある。

 

 

 

昨今の「成功哲学」的なものは

“誰か”のうまくいった

方法論だったりするので

 

 

正直、人によっては

あわない時もある。

 

 

考え方ややり方が

自分にとてもしっくり来るなら

その方法論を参考にして、

飛躍することもあるやろう。

 

 

そこに怖さもあるんよな。

 

 

気づかず、それがあたかも

“この世の正解”と

勘違いしてしまうからや。

 

 

 

だから、最近の俺は

不変と言われる

 

いわゆる”古典”から

学ぶことを多くしてます。

 

 

 

「成功」という分野の文献を

調査されたところから見ると

 

 

この50年足らずは

端的に言えば「テクニック・ノウハウ」

に、ついて書かれてることが多いそう。

 

 

それ以前の

遡って150年以上前からのを調査すると

「人格的、生き方」について

深く説かれてるそう。

 

 

 

 

昨日、伝えていた

「天命ビジネス入門講座」でも

感じたわ。

 

世間一般の思い込みの呪いってやつ。

 

 

 

起業してる、目指してる方が

多かったので、

それに合わせて

一つ例に挙げるとね。

 

 

 

多くの人は

「雇われ労働脳から抜けない」ってこと

 

 

何かっていうと

「長く働く」=「良い仕事」と

思いこんでしまってるってことやねん。

 

 

例えば、

個人セッション

 

1時間よりも2時間3時間するのが

良いサービスと思い込んでるねんな。

 

 

ちゃうで。

上記は、矢印が自分に向いてしもてる。

 

 

相手がどうではなく

自分が長くやったから

良いサービスができたと

思い込んでる(思い込ませてる)ねん。

 

 

 

本来の商売ってのは

「自分も相手も社会も」喜ぶ、潤う

ことやと俺は思ってるんやけどね。

 

 

そういう観点やったら

たとえ提供した時間が

 

 

「5分」やったとしても

 

 

相手が人生が180度変わるくらい

喜びに満たされたり

大いなる気づきに触れたり

 

できたのであれば

それは素晴らしい結果だと

思わへん?

 

 

 

今の日本人は

ある意味、被害者だと思う。

 

 

勤勉さを逆手に取られ

終戦後、GHQ政策が行われ

 

 

「知育」「体育」を

伸ばさせて

 

「知育」によって

人の評価基準を

「数値化」するようになった。

 

 

それをクソ真面目に

積み重ねてしまってんなぁ。

 

 

結果、それが

学力や数字で

人の良さとしてしまう傾向に

なり、時として

人格否定に至ったり。

 

 

この辺も

さっき話してた

労働脳になっていくように

長時間働く=素晴らしい

を、つくった部分でもある。

 

 

そして

「体育」によって

スポーツを盛り上がらせることで

知育と体育の時間で

毎日が埋まるようにしたそう。

 

 

本来の日本人の精神性は

豊かであり、思いやりに溢れてたはずやねん

 

 

それができてたのも

 

 

「徳育」があったから。

 

 

自然と

自分を律するために

鍛錬に励み、

 

 

人にやさしく

思いやりをもつこと

 

 

そうした

自他の関係を体験によって

成長することによって

「立志」できたのだと

俺は思ってる。

 

 

やりたいことがないと

嘆く前に

 

 

自分を深く知り

他人をよく理解することで

 

 

世の中にどう影響を与えるのが

皆の潤いになるか?を

自然と考えるようになるからかなと。

 

 

日本人の「働く」という起源は

「傍(はた)が楽になる」とのこと。

 

 

俺はこれが正解かどうかよりも

この考え方がとても好き。

 

 

そうしたことを

学問でも人からでも

学べる機会が日常にあったのに

 

 

それが失われたそうです。

 

 

「徳育」が浸透して

日本人本来の力が

発揮されると厄介やから。

 

 

それほどまでに

「徳育」の基となる

「武士道」「大和心(やまとごころ)」は

相手にとっては脅威やったんやろね。

 

 

だからある意味

俺らは国の被害者でもある。

 

 

自分で自分のことを

決めなくなった。

 

自分で責任を取らない。

 

逃げる

 

みたいなね。

(特定の誰かのことでなければ、全員というわけじゃないからね。)

 

 

 

 

ただ。

だからこそいいたいのは、

 

 

ある意味

”みんな”で

流され続けてしまったってことを

 

 

自国、他国や

過去のせいにすんのか?

 

 

 

っていうと

そうじゃないよね。

 

 

 

 

今、気づき始めてる人は

多いと思う。

 

 

なんかちゃうなって。

 

 

数字で人のこと

測ったりなんてできひんよなって。

 

 

競争にしたって

お互い切磋琢磨ならいい。

 

 

でも、相手をだまくらかして

蹴落とすなんてこと

 

 

やりたくないし

やられたら悲しいよねって

 

 

自分の良心は

知ってるはず。

 

 

 

それでも

人のことをつい

数字で評価してしまったり

 

 

周りと自分を比較しすぎて

落ち込んだり、嫉妬したり・・・。

 

 

それもちゃうよなって

もうわかってるはずやんなぁ。

 

 

 

ここまで

長々語ったのは

それくらい様々な思い込みの中で

生きてるで!ってことを

 

 

改めて認識してみると

見方も変わるし

生き方そのものが変わる。

 

そう伝えたかってん。

 

 

 

だからね。

昨日もいうた通り

 

 

自分の人生を

舵取りするのは自分やねん。

 

 

それが唯一の呪いの解き方。

思い込みの外し方やと思ってるくらい。

 

 

 

 

自分がやろうとしてることで

一生懸命取り組んでて、

 

 

つい、数字や結果に

ぐらつく自分がいたとしても

 

 

うまくいかないからといって

次々、転職するだとか

資格取るとか、セミナーいくとか

じゃなくて

 

 

 

 

信じた道があるならば

 

やりたいと思った

信念の種があるならば

 

 

花を咲かせるまでには

順序があるように

 

 

じっくり腰を据えて

やってみること。

 

 

古来、日本人は

数字や結果に重きを置いたのではなくて

 

 

「道」にこだわったんすよね

 

 

道とは生き方。

 

 

日本人にはゴールがないと

言われてます。

 

 

追求し続けるのが

本質なんやろね。

 

 

結果や数字でなく”道”

 

 

俺は自分の道を

道極めていこうか?

 

 

そんなことを

ここ最近は強く思うよ^^

 

 

日々いろんなことがある

つい、知らない間に

思い込みにハマってることがある

 

だからこそ

違和感に気づいたなら

 

 

自分で選択してみよう。

ビビったり、焦ったりがあってもいい。

 

 

不安すら小脇に抱えて

一歩ずつ信じて歩んでみたらいい。

 

 

その一歩は

自分が生きたい!と

思える道になってるやろうか?

 

 

 

 

・・・・・・。

 

ふむ。

なんか思ったまま今日はつらつら

書いてみたけど

 

 

なんか大きなテーマになったねぇ笑

話も二転三転してしもたw

 

 

混乱したらごめんやでw

(ライティング的には添削レベルやなw)

 

 

ま、でも伝えたい

大切なことやったんで。

 

あなたに

何か届くもんがあったら嬉しい^^

 

 

よければお返事なんかも

ちょうだいなぁ〜〜〜☆

 

 

ほなまた!

 

ここまで読んでよかったーって方!
ぜひコメントしてね!
シェアも大歓迎ッス♪

メルマガも登録してなっ!

 

人生の質を高める
メルマガだけの限定情報も、お届け中!

▽メルマガを登録する▽

※画像をクリックしてください

▼フォローしてなっ♪▼
Facebook個人アカウント
(面識のある方のみ、申請受け付けてます。)