ステップメールを130記事も組んでる理由は?|心とお金
仕組み化

ステップメールを130記事も組んでる理由は?

まいど!

たけぽよちゃんデッス!

 

 

前回

俺の行ってるビジネスの仕組みについて

お話させてもらったけど

仕組みの裏側、お見せします。 まいど! メンタルバサラのたけぽよちゃんデッス! さて、今日は 俺が普段作り込んでる ビ...

 

新規読者さんが

俺のメルマガを

登録しても

 

すぐにリアルタイムで配信している

メルマガが配信されることなく

 

 

まず、非表示にしている

こちらが用意した

ステップメール130記事を

読む仕様になってるのは

なぜなのか?

 

 

今日はその答え合わせ。

 

興味があって読んでくださったなら

どんな考えが浮かんだかな??

 

 

理由はざっくり分けると

3つのことがあげられるかな。

 

 

1、信頼関係づくり

2、入場制限をかける

3、セッションだけじゃ意味がない

 

 

この3つかなぁと思ってる。

 

もちろん突き詰めれば

もっと詳しい内容も出てくると思うけど

今日はこの3つで話してみるね^^

 

まず一つ目に

信頼関係づくり。

 

 

言わずもがな

ここに関してはだいぶ

浸透してきたと思う。

 

 

SNSやメルマガに限らず

人はどういうときに

 

相手に信頼を寄せるか?

という実験で

 

1ヶ月に1度

24時間過ごすのと

 

毎日1〜2分ほど

挨拶と小話を続ける

 

 

といったとき

どちらが、相手に

信頼感があるか?

 

 

というもの。

 

 

もうお分かりの通り

後者の毎日ちょっとずつの方ね。

 

 

これは心理学においても

話されている内容で

「ザイオンス効果」という。

 

また調べてみてね。

 

 

とにかく

信頼関係をつくるには

 

長い時間を共有する以上に

短い時間であったとしても

「接触頻度」がどれくらいあるか?

 

がかなり重要性が高いということ。

 

もちろん

短い時間のなかに不快感を

与えてしまったら

せっかくのザイオンス効果も

薄れると思うけどw

 

 

 

というところから

 

本来、毎日メルマガを

書いて配信した方が

相手にとっては信頼感を

寄せてもらえるという

考えもあるけれど

 

俺の性質を理解した上で

いうならば

 

毎日書けないことのほうが多い。

 

 

だからこそ

初期に登録した人がいたとして

しばらく配信がなかったら?

 

 

次に配信されたときに

もう忘れてるかもしれない。

 

 

そういうところを

避けるためにも

 

100記事という

約3ヶ月の期間は

毎日届けられるように

 

システムにたすけてもらってる

ということね^^

 

 

 

そして2つ目。

「入場制限をかける」

 

この部分は

以前、語らせてもらったことがある。

 

 

お客様の入り口と出口を見ないとヤバイ

お客様の入り口と出口を見ないとヤバイまいどー! メンタルバサラのたけぽよちゃんデッス! お元気っすか^^? さて、お届け中の 「幸せ...

 

 

出口のための

入り口を大事にするって話ね。

 

誰でも彼でも

サービスを受ければいいって

話でもない。

 

 

ましてや

無理にこちらが売り込むことも

相手にとっては損失。

 

究極は

仮に売り込んだとしても

喜ばれてしまうっていうのが

いい営業とも思ってるし

 

 

さらに言えば

お客の求めてることに応えることが

真の商売ではなく

 

求められたことを

相手の(未来)の”ため”になるものに

転じて、提供をするのが

 

本来の商売の形であると

思ってるんよね。

 

 

ただ売って終わりではなく

手渡して終わりではなく

 

 

相手が手にした後に

自立、成長が起こるような

未来の部分までフォーカスして

提供したいって思いね。

 

 

だからやねん

130記事も設けてるのは。

 

 

登録した初日に

セールスメルマガだったりしても

なんか相手からしたら

 

あれ?売りこまれた?

って感じる人がいるかも。

 

 

しかし、それが

本来の考えではなくて

 

 

知らずにいきなり

登録したその日に

メルマガでセールスが

行われたとき

 

 

感情が動いて

つい買っちゃった。

 

 

これを

俺は実は避けてる。

 

 

どうして

売れたら嬉しいもはずなのに

あえて拒んでるのか?

 

 

それにはやっぱり

入場制限がキーワード。

 

 

お客様は

本当に吟味して

今、私に、俺に必要だ!

と、心から思えて

 

買ったとき

その商品サービスを

本当に大切に扱ってくれるから。

 

 

なんとなくで買って欲しくない

それは提供側の意思もあれば

 

なんの事前情報もなく

なんとなく書い

なんとなく参加したり

なんとなくセッションを受けたり

 

 

これは双方にメリットがないんよね。

 

 

良く言う直感とは

また違うのがやっかい。

 

 

このへんは

今日はちょっと割愛。

 

 

 

 

だから俺は

いきなり買うことがないように

大切な俺の思いを封入した

渾身の記事を手にしてもらった上で

 

 

俺という存在を理解してもらうと同時に

たくさんの仕掛けを入れてる

メルマガたちによって

 

読者さんが

たくさん自分に向き合って

いけるように作り込んである。

 

 

そのうえで

そのうえで

決めて欲しいなって。

 

 

大切な時間と

大切なお金なんよ。

 

 

なんとなくで決めて欲しくないし

依存的や不足感から

商品を購入して欲しくないから。

 

 

俺だめやねん

ただ、お金が移動するだけの

トレード商法みたいなの。

 

 

価値を感じてもらって

成長してもらって

そのとき嬉しいなって思うねん。

 

 

綺麗事って言われてもね

ここはどうしても思っちゃうんよね〜。

 

 

 

自分は変わるんだ

人生を自分で舵取りして

もっと飛躍するぞ!

 

 

そんな思いで手にしてもらえたら

ほんまに嬉しいなってのが

本音やねん。

 

 

 

合わせて3つめ。

「セッションだけじゃ意味がない」

 

 

ここは2つ目からも

繋がる話やねんけど

 

 

いきなりお申込されても

正直にいうと

 

せっかくのセッションも

効果が半減することがあるなと

 

 

この10年以上続けて

2000〜3000件とやってきて思う。

 

 

やっぱね

事前情報はあったほうがいい。

 

 

というか

んー。なんていうんかな

予備知識というか

 

 

 

こちらもね

ある程度知って欲しいなって

思う考えとかあるんよ。

 

 

セッションとか

扱う前に

 

 

それくらいのことやったら

調べれば出てくるよ?とか

 

 

本読めば書いてるよ?とか

 

 

それで解決するんなら

そうして欲しいと思う。

 

 

調べて、本読んで

行動もしてみて

 

 

それでも

もっと変えていきたい

人生を経営していきたい

 

 

そう思ってくださるなら

めちゃ嬉しいわけ。

 

 

で、事前に100記事以上の

俺の記事を読んでくれてたりして

 

 

様々な価値を共有できてると

話がめちゃ早いねんな。

 

 

それでも

まだまだって思うことがある。

 

 

最終は365記事くらい

つくろうと思ってる。

 

 

それくらい

教養というか

 

自分の土台をつくるには

一過性で得られるものではないので。

 

 

習慣を変えていくことや

記事をきっかけに

自分対話を今すぐ始めるとか

 

 

まぁいろいろやれることは

あるのよね。

 

 

で、成長した仲間とともに

もっと一緒に時間を共有したい

 

 

俺はまだ全然発展途上

だから俺からもかかわらせてもらって

もっと共に成長したいと思う。

 

 

 

そんな意味合いを込めて

100記事を現段階では設けてる

って感じやね^^

 

 

どうやろう?

俺があえて仕組みに

こだわってること

 

1、信頼関係づくり

2、入場制限をかける

3、セッションだけじゃ意味がない

 

 

何か自分の生き方や

仕事に生かせられるやろか☆

 

 

もしそうなら嬉しいと思う^^

 

 

今日は長くなったので

明日にまた伝えるけど

 

 

その記事の中に

さらに収益化させる

仕組みをつくってるのと

 

 

未来の構想

権利収入型のその他の

可能性についてもう少し

伝えようと思うよ〜!

 

 

興味あればまた読んでみてね〜!

 

 

 

ほなまた!

 

 

ここまで読んでよかったーって方!
ぜひコメントしてね!
シェアも大歓迎ッス♪

メルマガも登録してなっ!

 

人生の質を高める
メルマガだけの限定情報も、お届け中!

▽メルマガを登録する▽

※画像をクリックしてください

▼フォローしてなっ♪▼
Facebook個人アカウント
(面識のある方のみ、申請受け付けてます。)